敏感肌・乾燥肌・頭皮の痒み・アレルギーなどの悩み ご相談下さい

肌本来の生理機能、バリヤ機能を取り戻し 健康で美しい肌へ

ゼノアの考え方

肌本来の機能とは


 新しい細胞をつくる大切な場所(基底層)を守るため、本来の肌は皮脂という天然の衣をまとい角質層という防護壁によって守られています。

                

 この防御壁のバリア機能によって簡単に外界のものを肌の中に浸透させないしくみ。これが「守る」という肌本来の機能です。

肌の正常なサイクル


 基底層でつくられた新しい細胞は表面に移動しながら角化(徐々に死んでいき)し、角質層で死細胞となって防御壁の役割を果たします。きちんと生まれ死ぬことで正常でしっかりした防護壁となるのです。


 美容液などを使って死んだ細胞に栄養を与えて生かそうとするのは皮膚の生理に適っていません。むしろ、きちんと細胞が死んで角質層が作れるようにすることや正常な肌のサイクルを促すことが大切なのです。

肌の栄養は血液から


 お肌は毛細血管を通じて運ばれる栄養分によって基底層でつくられます。栄養豊富な血液を、「新しい細胞をつくる工場」に届けるためには、必要な栄養分を毎日の食事でバランスよく摂取することが不可欠です。


 また、十分な睡眠、規則正しい排便、ストレスを溜めないこと。そして、マッサージや運動をするなど血流を良くすることも欠かせません。

             

浸透させない肌づくり


 スキンケアの基本はお肌を守るバリア機能を決して壊してはならないということです。バリア機能が弱まると乾燥肌や敏感肌の原因になるだけでなく異物も侵入しやすくなるからです。


      

 浸透させようとするのではなく肌本来がもっている「守る」という機能を大切にし、生まれついた肌、本来の肌の健康を守ることが美しさの原点と考えています。

page top

関連情報